薬剤師になりたい方のためのサイト


薬剤師になるためのステップ

薬剤師になりたいのなら国家試験に合格しなくてはなりません。国家資格ですから、国家試験に合格すれば誰でも薬剤師になれます。そこに行きつくには決して平坦な道ではないでしょうが、ここでは薬剤師になるためのステップをお伝えしましょう。

薬剤師になるには高校を卒業後、大学に進学して薬学について学びます。大学の薬学部で基礎から学び、6年におよぶ薬剤師養成課程を修了すれば国家試験の受験資格が手に入ります。受験資格が手に入ればあとは実際に試験を受け、合格すれば晴れて薬剤師となれます。薬剤師の国家試験は日本各地で行われていますが、年に1回しか開催していないため注意が必要です。

気になる試験内容ですが、薬学の専門知識が問われるほか倫理や法規といった内容も盛り込まれています。試験範囲も広いですからしっかりと全体をカバーできるような勉強が必要となるでしょう。試験に合格したら薬剤師としての申請を行い、厚生労働省の薬剤師名簿に登録されることで免許を取得できます。

国家資格の中には独学で学び取得できるものもありますが、薬剤師はそれができません。高校を卒業して大学に進学し、決められた養成課程を修了しないと受験資格が手に入らないことを覚えておきましょう。

Copyright © 薬剤師になりたい方のためのサイト, All rights reserved.